珈琲きゃろっと 土居珈琲

土居珈琲VS珈琲きゃろっと

通販でコーヒーを購入しようと思っている方の中には

「珈琲きゃろっとと土居珈琲はどっちがオススメなんだろう?」

と迷っている方が結構いらっしゃいます。

私自身どちらにしようか迷っていた経験もあります。
結局気になったので両方購入しましたが笑

ここでは、「珈琲きゃろっと」と「土居珈琲」はどちらがオススメなのか、いろいろな観点から紹介したいと思います。

※今回は、珈琲きゃろっとの初回お試しセット、土居珈琲の人気銘柄セットで比較します。

商品内容で比較!

土居珈琲

土居珈琲は「グァテマラ カペティロ農園」と「エルサルバドル ラ・レフォルマ農園」の100gが2銘柄入ったセットです。

豆の状態は、「豆のまま」、「細挽き(ペーパードリップ用)」、「中挽き(コーヒーメーカー用)」、「粗挽き(カフェプレス用)」から選ぶことができます。

コーヒー豆を砕くことができるミルを持っているというなら、個人的には「豆のまま」が一番美味しいのでオススメですよ( ^ω^ )

また、ギフト用にのしやメッセージカードをつけることができますので、だれかに贈りたいというときにオススメです。

土居珈琲の人気銘柄セット

珈琲きゃろっと

珈琲きゃろっとは「グアテマラ・グアヤボ農園」と「コスタリカ・アロマス」と「マンデリン・ソフィー」のどちらかを選択でき、200gが2銘柄入ったセットです。

豆の状態は、「豆のまま」、「中細挽き(ペーパー、コーヒーメーカー、プレス用)」、「極細挽き(エスプレッソ用)」、「粗挽き(パーコレーター用)」の4種類から選ぶことができます。

珈琲きゃろっとも「豆のまま」だと、コーヒーを淹れるときにふくらみが出るのでオススメです。

珈琲きゃろっとの初回お試しセット

同梱品で比較!

土居珈琲の冊子

土居珈琲の生みの親、土居博司のコーヒーへの熱い想い、コーヒーを作る過程で大切にしていることなどを知ることができる冊子が同梱されています。

珈琲道

珈琲きゃろっとの「珈琲道」はコーヒーの知識が深められ、本当にためになる冊子です。

  • コーヒー豆を長持ちさせる保存方法
  • 美味しいコーヒーを淹れるコツ
  • きゃろっと式の淹れ方【究極編】

これらを習得することができますよ!

価格で比較!

土居珈琲の値段

100g×2銘柄で2295円(税込)です。

珈琲きゃろっとの値段

200g×2銘柄で2138円(税込)です。

返金保証付きです。

飲んだ方の感想で比較!

土居珈琲の口コミ

土居珈琲の口コミ

珈琲きゃろっとの口コミ

珈琲きゃろっとの口コミ

珈琲きゃろっとと土居珈琲を比較した結果は?

今回、珈琲きゃろっとと土居珈琲を比較してみましたが、正直どっちの方がオススメとは言えません。

なぜなら、あなたがどういう意図でコーヒーを購入したいかによってどちらを選択するかは変わってくるからです。

個人的な意見にはなりますが・・・

「誰かにコーヒーを贈りたい」
「ちょっと高めのコーヒーに挑戦してみたい」

というのであれば土居珈琲がオススメかもしれません。

⇒土居珈琲の詳細はこちら♪

「自宅用に安くコーヒーを購入したい」
「コーヒーの知識を深めたい」

というのであれば珈琲きゃろっとがオススメです。

⇒珈琲きゃろっとの詳細はこちら♪

 

「最後まで読んでも決めきれない」という方は、両方のコーヒーの詳細を一度見比べてみると良いですよ!

実際に飲んだ方のリアルな口コミを見ることができますので参考になるかと思います。

コメントを残す




CAPTCHA